認知症とは?~中核症状とBPSD~

岩手介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 認知症とは?~中核症状とBPSD~

「認知症」とは、病気・疾患などが原因で起こる症状や

状態を表す言葉であり、病名ではないということはご存

じでしょうか?

知的機能が低下することによって、自分や周りの状況の

把握や判断ができなくなり、日常生活をおくる事に支障

をきたしている状態のことです。

認知症を引き起こす病気は多数ありますが、日本人に最

も多い認知症が「アルツハイマー型認知症」。他に「レ

ビー小体型認知症」「前頭側頭型認知症」などが発症数

の多い認知症です。

認知症の症状は大きく2つ、「中核症状」「BPSD(

行動・心理症状)」に大別されます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<中核症状>

認知症すべての人に現れる症状で、いろいろなことを覚

えられなくなる「記憶障害」、時間や曜日、自分がいる

場所などがわからなくなる「見当識障害」、筋道を立て

た思考ができなくなる「判断力の障害」、言葉がうまく

使えなくなる「失語」、状況を正しく把握することが難

しくなる「失認」、今まで身につけていた動作が行えな

くなる「失行」などがあります。

<BPSD(行動・心理症状)>

介護者が苦労し、いい方法はないかと胸を痛めることが

多いのはこのBPSDになります。

興奮・うつ状態・徘徊・暴力行為・妄想・不安・幻覚・

失禁・性的問題・不潔行為等はいずれもBPSDです。

BPSDは、その人の性格やそれまでの生活環境・経験、

人間関係などにも大きく影響し、現れる症状は多種多様

で、介護する方々は戸惑うことも多いでしょう。

本人の性格や生活環境を知ったうえで、ケースごとに個

別に対応することが重要になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中核症状は脳の神経細胞が壊れることによって直接起こ

る症状で、認知症になった方には誰にでも現れます。

認知症を発症した初期の頃は、正常と症状とを行ったり

来たりするため、本人も自分の以上に戸惑いや不安、悔

しさを感じています。認知症の記憶障害は、「忘れた」

ではなく、そのこと自体の記憶がすっぽりとなくなる

本人にとっては「なかったこと」になります。病気によ

る症状だということを受入れ、本人の認識やペースにに

あわせ、間違いを指摘して傷つけたりしないように、穏

やかに寄り添った対応を心がけましょう。

つい注意したり邪険にあしらっていまいそうになります

が、その記憶は忘れてしまっても、その時に感じた嫌な

感情は本人の記憶にずっと残ります。

認知症の介護は介護者にとってもストレスがとても大き

く、対応に困って疲れ果ててしまうかもしれません。

しかし、最も身近で接している介護者の感情が、患者さ

んに大きく影響を及ぼします。介護者がイライラしたり

落ち込んだりしていると、認知症患者さんにも伝わって

しまい、同じようにイライラしたり、落ち込んだりして

しまいます。

難しいかもしれませんが、介護者ご自身もしっかりリフ

レッシュや気分転換をしてストレスを発散することも忘

れずに。

体力的にも精神的にも、少しでも余裕をもって笑顔で接

することが、結果的に認知症患者さんのストレスを減ら

し、症状やBPSDを和らげることにもつながります。