社会福祉士と社会福祉主事の違いは?

岩手介護求人センターTOP › お役立ち情報 › 社会福祉士と社会福祉主事の違いは?

○社会福祉士は「国家資格」

介護分野における初の国家資格です。

公務員として相談支援業務に携わる場合には、社会福祉

士も社会福祉主事も大きな違いはありませんが、社会福

祉士は専門性が髙く、公務員の採用試験に有利、活躍の

場が広いなどのメリットがあります。

高齢者、障害を持つ方、児童福祉や生活保護など福祉分

野全般が対象で、就職先によってその業務内容は多岐に

渡ります。

また、社会福祉士の人はすでに社会福祉主事任用資格が

あるとみなされるため、改めて社会福祉主事の資格を得

る必要はありません。

<資格制度の概要>

[根拠]

社会福祉士及び介護福祉法

(昭和62年5月26日法律第30号)

[法の目的]

社会福祉士及び介護福祉士の資格を定めて、その業務の

適性を図り、もって社会福祉の増進に寄与することを目

的としています。(法第1条)

[法律の内容]

社会福祉士は、専門的知識及び技術をもって、身体上若

しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により

日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に

応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師

その他の保健医療サービスを提供する者その他の関係者

との連絡及び調整その他の援助を行なうこと(以下「相

談援助」といいます。)を業とする者で、一定の受験資

格を有する者が、国家試験を受験し、これに合格した者

が所定の登録を受けることにより、社会福祉士の資格を

取得することができるものです。

社会福祉士国家試験は、社会福祉士として必要な知識及

び技能について筆記試験の方法により行います。

<受験資格>

.福祉系大学で指定科目を履修した卒業者

.3年生の福祉系短大・専門学校で指定科目を履修し

た卒業者で、相談援助の実務を1年以上経験した者

.2年生の福祉系短大・専門学校で指定科目を履修し

た卒業生で、相談援助の実務を2年以上経験した者

.学校での勉強や福祉の仕事を経て、社会福祉士の養

成施設を卒業(修了)した者

.特定の福祉職で5年以上の実務経験を積んだ者

試験方法は5択のマークシート方式で、全19科目の出

題数は150問(1問1点の総得点150点)。問題の総得

点の60%程度(90点)を基準として、問題の難易度で

補正した点数(平成29年度第30回試験では99点)以上

の得点の者のうち19科目郡すべてにおいて得点があっ

た者とされています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○社会福祉主事は「任用資格」

社会福祉関連の資格の中で最も歴史が長く、もともとは

行政の福祉担当部署や福祉事務所に勤める公務員が専門

的な相談業務を行うために設けられたもの。

社会福祉主事の資格要件(社会福祉主事任用資格)を持

つ人が、福祉事務所などで「社会福祉主事」の職に任命

されたときに初めて「社会福祉主事」と名乗ることがで

きます。

社会福祉主事の資格は国家試験や認定資格と違って、試

験を受けて合格して得るのではなく、大学・短大・専門

学校などで所定の科目を履修し、関連する仕事に就くこ

とで得られる資格です。

社会福祉主事になるためには、大学・短大・専門学校な

どで、34科目のうち最低3科目以上履修して卒業する、

または、大学に行かなくても、養成所、通信教育、講習

会の受講などで資格が得られます。

現在、福祉事務所には社会福祉主事の配置が義務付けら

れているため、公務員だけでなく、社会福祉施設の相談

員や生活指導員など、福祉系の企業への就職に有用性の

ある資格といえます。